S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

編集&ライティングユニット“おいしいしごと”です。ワイン、韓国、その他もろもろの情報をブログで書かせていただいてます。ちなみに、左のすずめが柴田、右が韓です。
by 01414510
       
ホテルオークラ改装にあたり思うこと
今日から、父と母の思い出が詰まった、ホテルオークラが改装工事に入る。
現状での最終営業の昨日は、母の誕生日にあたった。
胸が詰まる思いだろうと、母には1日経った今日メールをした。
案の定、切ない胸中を知らせる返信が届いた。
母の誕生日の祝いをオークラで、遺された家族ですればよかった。

来年は父の七回忌だ。
いまだに思う。「まじ、むかつく。なに死んでんの」。
この6年、母を見ていて、私は父に腹が立ってならない。
母は父への愛がたぶん、強すぎて、
ふたりが過ごした43年の間に、憎が入り交じった。
だから、父の長い闘病生活は決して平穏ではなかった。

亡くなってからしばらくは、母が父への思いを漏らすたびに、
「美談にするな」と思ってきたけど、
6年間、変わらない母を見ていると、
私は当時、母がなにと闘っていたか、ちっともわかっていなかったと思う。

「おかでさまで無事に74歳の朝を迎えられました。
 いつものように自分のために珈琲をたて、
 パパに紅茶を入れて1日が始まります。
 静かな朝です。
 気持ち穏やかに身体にも支障なく、
 子どもたちに祝福されたことを感謝しながら過ごしましょう。
 ありがとう。」

私が送った誕生祝いのメールへの、母からの返信だ。
この春、妹が家を出て、初めてのひとり暮らしをはじめた母は、
昨日、初めて誕生日をひとりで迎えた。

母にはいつまでもかっこよくいてほしいと思っていたけれど、
今は、とにかく元気でいてくれたら、それでいい。

================================

この度、拙著『男と女のワイン術』、啓文堂書店様の新書大賞受賞にあたり、
ご購読くださったみなさま、応援してくださったみなさま、
書店さま、版元の方々、支えてくださったすべてのみなさまに
この場を借りて、衷心よりお礼申し上げます。
本人からの報告、御礼が大変遅くなりましたこと、お許しください。
[PR]
# by 01414510 | 2015-09-01 12:13 | 柴田さなえ
おかげさまで「2015 啓文堂書店 新書大賞」をいただきました
こんばんワイン、韓です。

ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、

おかげさまで柴田さなえ著「男と女のワイン術」が「2015 啓文堂書店 新書大賞」を受賞しました。


この度の受賞は、ひとえに買ってくださった読者の皆様、

また応援してくださった関係者の皆様のおかげです。

本当に、本当に、ありがとうございました。

受賞後の柴田は「私の人生でこんなに輝かしい瞬間はもう2度とない」と、

嬉しすぎてむしろネガティブスイッチが入ってましたが(人と感性がずれてる)、

この悦びと感謝の気持ちは、次回作でまた皆様に還元させていただけるよう、精進してまいりたいと思います(柴田が)。

私も韓国でこの本を普及すべく、在韓日本人の方に配りまくっております。

もし在韓の方でこの本を読んでみたい! という方は、ぜひメッセージくださいませ。

韓国の酒税は日本に比べるとまだまだ高く、この前、2006年のジュブシャン先生が1本W22万5000でした(たけーよ)。

FTAでチリ産ワインはぐっと安くなってきましたが、

おフランスのおいしいワインは庶民の私にはまだまだ雲の上です。


あ、ちなみに、最近の韓ですが、未だ韓国に住みながら(1年の予定がすでに5年目)、

ほそぼそとライターと編集をやっております。

最近、縁あって慶尚北道のお仕事をさせていただけるようになり、

また今後、こちらのブログでも紹介させていただく次第です。

そろそろこのブログも柴田編、韓編と見やすいように、リニューアルしようと思ってます。

たぶん、今年中には…。


話がそれで申し訳ありません。

今一度、応援してくださった皆様に、重ねて御礼申し上げます。

今後ともワイン一筋の柴田さなえをどうぞよろしくお願いいたします。



業務連絡。さなちゃん、次、自分で書かなかったら解散セヨ。



[PR]
# by 01414510 | 2015-08-24 22:10 | 柴田さなえ
柴田の新書が啓文堂の本屋大賞にノミネートされました
a0112777_23170774.jpeg
本来なら柴田が書くべきお知らせですが、

セルフプロデュースが苦手な愛方のために、

韓が代理で宣伝させていただきます。


柴田が1月に上梓した「男と女のワイン術」(日本経済新聞出版社)が、

啓文堂さんの新書大賞候補作品にノミネートされました。

もしも、買ってみようかな〜と興味をお持ちいただけましたら、

啓文堂さんでお買い求めいただけますとマンモスうれPです。



話は変わって。

今年、おいしいしごとは出会って10周年。

その記念と社員旅行を兼ねて、

4月にフランス・パリとブルゴーニュに行ってまいりました。

ブルゴーニュではかの有名なロマネ・コンティの畑を拝み、

ジュブシャンをはじめ、3つのドメーヌで浴びるほど試飲をさせていただきました。

ワインの知識皆無の私にはもったいないほどの、素晴らしい体験ができたのは、

ひとえに柴田のおかげです。

身内自慢で恐縮ですが、柴田はワインが好きという気持ちを大切にしながら、

公私ともにずっとワインに関わってきました。

本を書く、伝えるという仕事は、

いろいろなアプローチがあると思いますし、どんなやり方があってもいいと思います。

ただ柴田の本では、ワインの知識とか情報とかそういうのを発信するのではなく、

どうやったらワインを楽しめるのか?

そんな小さな疑問を解決するお手伝いをさせていただいています。

百聞は一見にしかずなので、

ワイン好きだけどそれ以上はよくわかんないとか、

ワイン好きだからもっと勉強しなきゃとか(でもめんどくさい)、

ワイン好きだけど、人前で話すほど深く知らないから話せないとか、

そんな方はどうぞ手にとってください。

きっとワインを選ぶときに躊躇してしまうであろう、その迷いを、

この本は解決してくれます。


ちなみに書店様用のイラストは、

絵作家のしばたはるか(妹)が描いております↓

a0112777_23174024.jpg

愛犬モナ(パグ)がおすすめする、脱力系イラストもいい味を出してます。

はるちゃんの作品もとてもよいので、またの機会にご紹介しますね



以上、楊坪より韓がお伝えしました。


業務連絡。さなちゃん、次は絶対自分で書くセヨ。





















[PR]
# by 01414510 | 2015-06-08 23:24 | 仕事
土曜日の晩餐
a0112777_2371234.jpg

週末のどちらかはだいたい外食です。
出張の疲れを癒そうと、
優しい夫がソコギをご馳走してくれました。
肝心の肉はとりそこねましたが、
やはり精肉店で食べると、
安くておいしいですね。


もろ通り道ですが、
余裕で外で食べます。
初夏から夏にかけての醍醐味ですねー。
[PR]
# by 01414510 | 2015-06-07 23:03
慶北出張中

a0112777_23511829.jpg
メルスでざわついているソウルを後に、KTXに乗って浦項にやってきました。

今年の4月からKTXが開通したのですが、とっても便利。

利用客が多く、予約しないと席がなかなか取れないなんて日もあるそうです。(私も危うかった)

迎日台海水浴場に新しくオープンしたベストウエスタン浦項ホテルに泊まってます。

ここの景色が素晴らしくて…。

POSCOの夜景を独り占め。

おもちゃみたいなイルミネーションと、

煙突からボーボー出ているフレアスタックが美しいです。

浦項のサトゥリは釜山より聞き取りやすく理解率80%くらいでしょうか。

ちなみに釜山は40%くらいです。(タクシーキサニム基準)



明日は1人2キロの蟹を食べるそうです。

拷問や。






[PR]
# by 01414510 | 2015-06-03 23:53 | 韓麻木
韓国田舎生活
a0112777_045914.jpg

韓は京畿道ヤンピョンに引っ越して、

2年が経ちました。

なんもないけれど、素敵なところです。

こんなに美しい村なのに、

写真の空のあたりに高速道路が架かるそうで、

とても悲しいです。

この風景もいつか見られなくなるので、

記録としてアップしてみました。
[PR]
# by 01414510 | 2015-06-02 00:34 | 韓麻木
はじめまして
a0112777_21272535.jpg

チェ・ポンタです。

おいしいしごとのオフィシャルドッグです。
[PR]
# by 01414510 | 2015-05-31 21:26 | 韓麻木


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧