S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

編集&ライティングユニット“おいしいしごと”です。ワイン、韓国、その他もろもろの情報をブログで書かせていただいてます。ちなみに、左のすずめが柴田、右が韓です。
by 01414510
       
カテゴリ:未分類( 41 )
土曜日の晩餐
a0112777_2371234.jpg

週末のどちらかはだいたい外食です。
出張の疲れを癒そうと、
優しい夫がソコギをご馳走してくれました。
肝心の肉はとりそこねましたが、
やはり精肉店で食べると、
安くておいしいですね。


もろ通り道ですが、
余裕で外で食べます。
初夏から夏にかけての醍醐味ですねー。
[PR]
by 01414510 | 2015-06-07 23:03
日向山
4月、二回目の登山です。

2週間、缶詰で原稿書いていたので、平日に代休。


お仕事の話はまた今度(笑)


今回は、山梨県清里のそば、名峰・甲斐駒ヶ岳といきたいところですが、
その山を望む標高1600mほどの低山登山です。


でもこの山、頂上はちょっと変わった絶景が待つ、ある意味名山。



登山道は、整えられた杉やカラマツの木立で、ほぼ眺望がないのですが、
登山口(出発10時38分)から登ること1時間半くらいかな。



いきなり、白浜のビーチが出現!
ダイナミックな岩壁の傾斜にも身震い!

a0112777_12224334.jpg

a0112777_12214040.jpg

a0112777_1222823.jpg



写真って、むずかしいですね。
今回も、料理写真の巨匠むっしゅと登ったので、
むっしゅは私の写真を見て「写真、やってみたい?」と言われる始末。
「プロにお任せします」と言ったけど、やっぱり教えてもらおう。
写真は技術ではなくて「ものの見方や見る力を養えるんだ」という
むっしゅの言葉が胸に刺さったわけです。


話がそれました。


今回は風も穏やかで、気温も高かったので、山ご飯の写真も撮れました。

a0112777_12313542.jpg


豚汁。
お料理にはちょっとうるさいむっしゅがお相手ですから、
毎回頭を悩ませます。


インスタントを使わず、
でも登山の際に重くなりすぎず、
小さなお鍋でできるもの。


ということで、今回は、豚肉と足のはやいじゃがいもは味噌漬けにして、
刻んだ野菜やおあげはジップロック。
〆には、キムチで味を変えて、切り餅投入。
これなら、焼かずにお餅が食べられます。

最初はちょっと味が薄いかなぁ、と次回以降の教訓を得ましたが、
バーナーでグツグツしているうちに、味も濃くなり、
じゃがいものとろみも出て、いい感じ。だったかな。


お酒大好き!の私のために、むっしゅからのステキなステキなプレゼント。
こういう、考えてくれたなぁ、って贈り物、ホントに嬉しい。

a0112777_1240929.jpg


カトラリーも。北欧のもの。おしゃれなんです、むっしゅ!


山頂のビーチで1時間半ほど過ごして下山。
山は、降りてはじめて登ったことになる。
登山口到着は15時47分。今回も無事終えることができました。




a0112777_1485247.jpg



恒例の登山後絶景温泉は、思い出いっぱいの勝沼ぶどうの丘、天空の湯。



いつかはここで、あーちゃんといっぱいお話ししたな。


お次は、二期倶楽部&茶臼ヶ岳か千畳敷カールか!


その前にGWを利用して、縦走訓練という名のハイキングです(笑)
[PR]
by 01414510 | 2012-04-26 12:07
ロータスの上のイメージ
カラダづくり続行中の柴田です。
(この10ヶ月間、細々続けています)


そのかいもむなしく、先日のソウル出張10日間で、3kg弱の増量。
毎日5〜7食の取材をしていたので、無理もありません。


ということで、半断食&粗食、運動が欠かせない毎日。


今日のヨガは超ハード。
ロータスに乗っている自分を想像すること2時間。
気持ちいいと思えるまで2時間。
イメージすることこそ、瞑想。
(意味わからないですよね)


でも、左膝裏の筋、伸びちゃった気がする(笑)
動けないカラダにならないように気をつけないと。


日本は明日、だいぶ暑いみたいですね。
水に入ろう。
[PR]
by 01414510 | 2011-08-10 00:05
2011初ソウル 備忘録
新年のご挨拶もせず、もう2月。
大変失礼いたしました。
みなさま、本年も何卒ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

最近のこのブログ、
ソウルから帰国した後のみのアップが恒例になっております。
今回もまたソウルから昨日帰国した柴田が担当です。


12月出張の際の酷寒に、恐怖におののいておりましたが、
今はもう、ソウルの春はすぐそこ(といっても1〜2℃はざら)。
そんななかの取材9日間でした。


さて、今回のソウルで忘れられないできごとを4つ。

◎深夜の一般道を時速120kmで飛ばすタクシー運転手さん

◎ビルの2階の店の撤去作業。1、3階は営業中にも関わらず、
 窓ガラスまでバリバリ叩き割る作業員たち

◎携帯電話にイヤフォンマイクをつけ、
 メガフォン級のどでかい声で話すアジョシ


そして、なによりの衝撃は、私たちの聖地・東大門で起きました。


最終日前の深夜。いつも通り、聖地巡礼に繰り出しました。
今回は珍しく、市場ではなくDoota!でショッピング。
地下1Fがかなりリニューアルされ、
韓国の新進気鋭のデザイナーのショップが増えていて、楽しかったんです。
それでまあ、得意のちょこ買いより、
ちょっとお値段のはる買い物をしたんです。
バッグ18万8000W(とはいえ、日本円約1万5000円弱)。
とってもかわいくてご機嫌な私。


が、悲劇はすぐ後に起こりました。


寒さが厳しい韓国では、まだ冬物セール中。
いつもの市場ではお目当ての春物があまりなかったので、
新規開拓に行きますか、という話にあいなり、
かんちゃんと普段はあまり足を踏み入れない、デザイナーズクラブへ。


地下1、2階をプラプラしながら、順調にちょこ買いを進めるかんちゃん。
地下2階のバッグやアクセサリー売り場では、
ロエベのポシェットをガマンしたかいあり、代理品の収穫に成功。


「いいもの買えてよかったねー」と
店を後にしようとした私の視界の端に入ってきたのは、
そう、Doota!で買った、あのバッグ。まったく同じバッグです。


いやーな予感がしましたよ。


こういう時、人はなぜか誤った判断をします。


値段を聞いてしまったのです。つたない韓国語で。

「オッパ、イゴ オルマエヨ?(お兄さん、これ、いくらですか)」


聞けても、たいてい答えが聞き取れないのですが、
最近、渡韓頻度が上がってきて、おかげさまで理解できたんです。


「ユッマン クチョノン」


6万9000W。



約5300円。

ちーん。



その後、しばらく立ち直れなかったことは言うまでもありません。


Doota!からデザイナーズクラブまでは約200mの距離。
ごく近場で、こういうことをしないで欲しい。


東大門での新しい教訓。


東大門では10万W以上の買い物はするべからず。



ちゃお。
[PR]
by 01414510 | 2011-02-18 00:20
出合いもん

韓ちゃんがまったくソウル通信してくれないので、柴田です。


私の日常は、ほぼ仕事に占拠されていますが、
それでも続けているのは、きっとそれがイヤじゃないんだな、
と思うからです。
悔しくて涙することも、心の底から怒りを感じることも、
感情だだ漏れ100%のおいしいしごとにはよくあることですが、
それが私たちを成長させてくれていることを強く実感しますし、
最近では、踏みしめた一歩を実感できるという、
少し大人の階段を上っている気すらするのです。

そしてもちろん、大変なことばかりでなく、
思わず涙してしまうような、心動かされる出合いもあります。
相手は人であったり、モノであったり、できごとであったり。

今日もそんなことを感じる日でした。
[PR]
by 01414510 | 2010-11-03 02:28
うれしい悲鳴
5刷決まりました!

a0112777_14115942.jpg



日経新聞出版社
河名秀郎著「ほんとの野菜は緑が薄い」
893円

================================

私たちの仕事の場合、嬉しい悲鳴は寝られない日々へのプロローグですね。

柴田です。仕事の合間にホッと一息。久しぶりの更新です。

韓も新しい家が決まり、だんだんと落ち着きを取り戻した模様。

語学学校の先生がかなりタイプらしく、学校もさぼらずに通っています。

よかったよ、よかったよ。


冬に向けて、おいしいしごとが関わらせていただいた
雑誌や本が続々と出版されます。

雑誌もしくはムックが10月末に2冊。
ソウル&済州島、ワイン関連です。

12月には、日本酒本、冬のつまみ本、ご飯本なんかも。

ということで、東京とソウルで離ればなれになっても、
韓と柴田はふたりでなんとか頑張っております。

私、柴田の変わったことといえば、
韓がいなくなったので、遊びに行く相手がいなくなり、
割と家で仕事しているということ。
(優しい方々はお声がけくださいますよ)

変わらないことといえば、韓と話す時間。
さすがに電話は高いので(といっても、けっこうかけてる)
ビデオチャットが大活躍。
i-Phone買わないといけないのかなぁ。
(韓だけのためみたいですね笑)


そろそろ韓にソウル通信書いてもらわないと。
[PR]
by 01414510 | 2010-10-04 23:09
タニョワッソ
5刷決まりました!

a0112777_14115942.jpg



日経新聞出版社
河名秀郎著「ほんとの野菜は緑が薄い」
893円

================================

東京は、お天気はいいものの、もう秋の気配がすぐそこまで来ていますね。

韓国から帰ってきました。柴田です。

私の滞在中は、韓国も同じような気候でしたが、
帰った途端にとても涼しくなったそうです。


韓と2週間ぶりの再会。
慣れない環境に、韓ちゃんはいつもの80%という感じでした。
ちょっと心配しつつ帰国。
優しいみなさん、時間があったらメールでもしてあげてください。


今回は、10月末売りのレタスクラブ(角川ssコミュニケーションズ)の
取材でした。モデルのAHN MIKAさんがナビゲーター。
詳細はまだ言えませんが、AHN さんはじめ、
とても素敵なスタッフさんに恵まれ、またまた思い出に残る韓国でした。
(最終日はもちろん、ちょこ買い)
誌面もどうぞ楽しみにしていてください。


ところで、「ほんとの野菜は緑が薄い」、5刷が決定しました。
テレビ効果がかなり大きいと思います。

あの大ヒット書籍「おつまみ横丁」の編集長田口さんに
「ああいう本が売れるというのは本当にいいことだよね」と
言っていただき、涙出るかと思いました。


そう、できるだけ多くの人に読んでいただきたい。
だから、またちがう形で伝える方法を企んでおります。


まだ読まれていらっしゃらない方、
どうぞお手に取ってみてください。
[PR]
by 01414510 | 2010-09-10 22:50
ソロモン流で紹介されました
4刷決まりました!

a0112777_14115942.jpg



日経新聞出版社
河名秀郎著「ほんとの野菜は緑が薄い」
893円

================================

テレビって、すごいですね。
ネットの本屋って、すごいですね。
柴田です。

週末は関西に帰省し、脅威の渋滞45キロをくぐり抜けて自宅に戻ると、
(私は一切運転してない)


ブログでもご紹介させていただいている


「ほんとの野菜は緑が薄い」


のAmazonランキングが、なぜか跳ね上がっていました。


a0112777_11565581.jpg




????????


あ。



そう、この日、29日(日)、
テレビ東京の番組「ソロモン流」の賢人は
築地御厨の内田悟さん。


私の友人で、河名さんの弟であるたけちゃんから紹介してもらい、
取材で何度かお世話になっている方ですが、
とても素敵なおやじ(!)です。


その番組に、河名さんも登場されることは知っていましたが、
まさか、まさか。本をご紹介いただいたみたいです。


Amazonランキングのうなぎ上りは、
その後のできごと。
全体の198位って、すごい! 興奮しましたよ。


こういう情報をキャッチアップしたらすぐに本が買えるAmazon。

翌日、本屋で買おう、という人のたいがいは買いませんからね。
はい、私も。

夜中でもいつ何時でも、すぐに本が買えるのはすごい。

とは誰かさんの受け売りですが、
改めてその威力を知りました。


本が売れないと言われる、このご時世。
ネットショップで売り、テレビで紹介する。というスタイルが
売り上げに反映するのであれば、
テレビと書籍がもっと仲良くなれればいいのに。

と、柴田は安直に考える。


みんながもっと本を手に取ってくれたら。


もっと本が売れる時代に本をつくってみたかった。


これは、相方のムックこと韓とよく語り合ったことですが
(なぜか思い出風)


売り上げで稼ぎたい、というのではなく、
みんなが本を愛してくれている時代に本をつくりたかった。
ということです。


ただ、考えれば、本が売れないということは、
本当に本が好きな人だけが本を買っている、ということでは。


ベストセラーは、ふだんは本を読まない人も買う本だから
ベストセラーですから、それはそれでとてもよいこと、
ですが、今はちょっとおいておいて。


本当に本を読んでくれる人に向けた本づくり。
今の時代だからこそできるのかもしれません。


自画自賛から、こんな浅い思いまで。
今日は、ほんと、すみません。
自分へのなぐさめと、備忘録としてお許しを。
[PR]
by 01414510 | 2010-08-31 11:59
新生おいしいしごとのご報告
4刷決まりました!

a0112777_14115942.jpg



日経新聞出版社
河名秀郎著「ほんとの野菜は緑が薄い」
893円

================================

日曜日に韓が旅立ちました。
旅に出たわけじゃないから、こういう場合はなんていうんでしょ。


韓は、韓国の国民登録番号を持たないので、
いろいろと手続きがしにくく、大変そうです。



さて、韓の渡韓に際しまして、約1年の間事務所のスタイルが変わります。
ご挨拶を差し上げられなかった皆様、誠に申し訳ございません。
大変失礼とは知りながら、この場でご報告させていただきます。
申し訳ございません。



ということで、新生おいしいしごと、始動です!
私は世田谷の東京オフィス(事務所所在地変わりました)で、
韓はエオゲのソウルオフィス(今はネットカフェ難民)で、
通常通り業務をこなしておりますので、
なにかございましたらご連絡ください。


もちろん、新規のお仕事もどしどし受付中です!
韓国観光、K-POP、韓流、料理、ワイン、野菜、食全般だけでなく、
なんでもやらせていただきます!


ところで・・・・


「ほんとの野菜は緑が薄い」(日経新聞出版社)


めだたく4刷が決まりました!
多くの方に受け入れていただけるのは、やはりうれしいものです。


今は、30〜40代の男性を中心に読んでいただいているようですが、
女性やお母さん、出産を迎える方、年配の方に
もっともっと読んでいただきたいです。
きっとフィットする内容だと思いますので、
どうぞお手にとってみてください。
[PR]
by 01414510 | 2010-08-26 11:01
SEOULから帰国


a0112777_23384162.jpg


毎度ですが、お久しぶりの更新です。柴田です。
更新が滞っている間、おいしいしごと、たっくさんのことがありました。
温かいお心遣いをいただいた方々、本当にありがとうございました。
簡単な言葉になってしまいますが、言葉にできない思いで
みなさまには心から感謝しております。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。


さて、おいしいしごと、1週間ソウルへ行って参りました。
先日発売の、塩田貞治さんのガイドブック「IT'S SEOUL」を持って。

といいたいところですが、そうではなく次なる書籍の取材です。

テーマは「物欲」(笑)
要するに、ひたすらショッピングする本。

いやぁ、毎回思うことですが、ソウルの買い物事情はすごいですよ。
しようと思えば、寝ないで24時間買い物可能ですからね。

今回の本には、日本人女子がキャーキャー悲鳴をあげてしまいそうな
ショッピングスポットが満載です。
発売は5月末。どうぞお楽しみに!

写真は、一緒に取材に出かけた
SHIMICOM DESIGN LABさんのblogから拝借。
南大門の豚さんです。
[PR]
by 01414510 | 2010-03-22 23:46


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧