S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

編集&ライティングユニット“おいしいしごと”です。ワイン、韓国、その他もろもろの情報をブログで書かせていただいてます。ちなみに、左のすずめが柴田、右が韓です。
by 01414510
       
カテゴリ:柴田さなえ( 14 )
ホテルオークラ改装にあたり思うこと
今日から、父と母の思い出が詰まった、ホテルオークラが改装工事に入る。
現状での最終営業の昨日は、母の誕生日にあたった。
胸が詰まる思いだろうと、母には1日経った今日メールをした。
案の定、切ない胸中を知らせる返信が届いた。
母の誕生日の祝いをオークラで、遺された家族ですればよかった。

来年は父の七回忌だ。
いまだに思う。「まじ、むかつく。なに死んでんの」。
この6年、母を見ていて、私は父に腹が立ってならない。
母は父への愛がたぶん、強すぎて、
ふたりが過ごした43年の間に、憎が入り交じった。
だから、父の長い闘病生活は決して平穏ではなかった。

亡くなってからしばらくは、母が父への思いを漏らすたびに、
「美談にするな」と思ってきたけど、
6年間、変わらない母を見ていると、
私は当時、母がなにと闘っていたか、ちっともわかっていなかったと思う。

「おかでさまで無事に74歳の朝を迎えられました。
 いつものように自分のために珈琲をたて、
 パパに紅茶を入れて1日が始まります。
 静かな朝です。
 気持ち穏やかに身体にも支障なく、
 子どもたちに祝福されたことを感謝しながら過ごしましょう。
 ありがとう。」

私が送った誕生祝いのメールへの、母からの返信だ。
この春、妹が家を出て、初めてのひとり暮らしをはじめた母は、
昨日、初めて誕生日をひとりで迎えた。

母にはいつまでもかっこよくいてほしいと思っていたけれど、
今は、とにかく元気でいてくれたら、それでいい。

================================

この度、拙著『男と女のワイン術』、啓文堂書店様の新書大賞受賞にあたり、
ご購読くださったみなさま、応援してくださったみなさま、
書店さま、版元の方々、支えてくださったすべてのみなさまに
この場を借りて、衷心よりお礼申し上げます。
本人からの報告、御礼が大変遅くなりましたこと、お許しください。
[PR]
by 01414510 | 2015-09-01 12:13 | 柴田さなえ
おかげさまで「2015 啓文堂書店 新書大賞」をいただきました
こんばんワイン、韓です。

ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、

おかげさまで柴田さなえ著「男と女のワイン術」が「2015 啓文堂書店 新書大賞」を受賞しました。


この度の受賞は、ひとえに買ってくださった読者の皆様、

また応援してくださった関係者の皆様のおかげです。

本当に、本当に、ありがとうございました。

受賞後の柴田は「私の人生でこんなに輝かしい瞬間はもう2度とない」と、

嬉しすぎてむしろネガティブスイッチが入ってましたが(人と感性がずれてる)、

この悦びと感謝の気持ちは、次回作でまた皆様に還元させていただけるよう、精進してまいりたいと思います(柴田が)。

私も韓国でこの本を普及すべく、在韓日本人の方に配りまくっております。

もし在韓の方でこの本を読んでみたい! という方は、ぜひメッセージくださいませ。

韓国の酒税は日本に比べるとまだまだ高く、この前、2006年のジュブシャン先生が1本W22万5000でした(たけーよ)。

FTAでチリ産ワインはぐっと安くなってきましたが、

おフランスのおいしいワインは庶民の私にはまだまだ雲の上です。


あ、ちなみに、最近の韓ですが、未だ韓国に住みながら(1年の予定がすでに5年目)、

ほそぼそとライターと編集をやっております。

最近、縁あって慶尚北道のお仕事をさせていただけるようになり、

また今後、こちらのブログでも紹介させていただく次第です。

そろそろこのブログも柴田編、韓編と見やすいように、リニューアルしようと思ってます。

たぶん、今年中には…。


話がそれで申し訳ありません。

今一度、応援してくださった皆様に、重ねて御礼申し上げます。

今後ともワイン一筋の柴田さなえをどうぞよろしくお願いいたします。



業務連絡。さなちゃん、次、自分で書かなかったら解散セヨ。



[PR]
by 01414510 | 2015-08-24 22:10 | 柴田さなえ
山はとても自由でした
a0112777_934036.jpg


おはようございます。
東京は秋風がとっても気持ちいい朝ですね。
柴田です。



週末、突然思い立って、ひとりで山に登ってきました。


高校生以来の山で、初めてのひとり登山。


絶対無理だけはしない。


これが今回の決まりごと。
もう若くないし、初めてのひとり山だし。


向った先は高尾山。
早起きだけでも、充実した気持ち。


高尾山はミシュランに載って、とにかく観光客が多いと聞いていたので、
夏休み最後の土日ということもあり、
人混みを避けたい私は、ちょっとした健脚コースをセレクト。
(無理しないって、決めたのに)


呼吸と歩くことに意識を集中して、とにかく歩きました。
景色も緑も美しかったし、頂上に着いたのも嬉しかったけど、
今回はとにかく歩きたかった。
だから、とにかく夢中で、必死で歩きました。


そしたら、途中ではっと気がつきました。
私、自由だなぁ。


下山は、高尾山口とは逆の相模湖方面。
どんなに注意していても、
ぬかるんだ道に足をとられてしまいそうになって
ヒヤッとすること数回。
途中でお友達になった中年ハイカーさんは
「運だよね」
って言っていました。そうなんだ。


最後は、その中年ハイカーの方々に落語に誘っていただき、
相模湖の名店「かどや」で一杯やりつつ、寄席を待つ。


なんだか、とっても親切にしていただき、「感謝」びんびん。



来週はどこの山に行こうかな。



あ、そうそう。
参考にしたのは「散歩の達人」のMOOK「らくらく日帰り山散歩」。
すっごくいい本でした。
初心者に親切だし、写真もきれいだし、文章もおもしろい。
奥付見たら、知り合いの編集者の方が担当でした。


今回の行程:10km強。
写真は一応、頂上です。
[PR]
by 01414510 | 2011-08-29 10:26 | 柴田さなえ
にんじんの皮は
甲子園のみなさんの熱中症が心配。
おはようございます、柴田です。

最近、ジューサーを買いました。
半断食のための、にんじんりんごジュース用で、
とてもおいしいジュースができるので、お気に入り。

なんですが、目下の悩み。
ジューサーは繊維を全部よけてくれるので、
毎朝、これでもか!という量のにんじんの皮が出るのです。
野菜って、ほとんどが繊維なんだなーと思うくらいの量です。

なんだか捨てるのが忍びないのです。

だから、カレーにしたり、パウンドケーキにしたり、
今朝はポタージュを作りました。
繊維をさらに煮て、エキスでジュースにすることもあります。

ジューサー愛用者の方々はどうされているのでしょうか。


いい方法があったら教えてください。


今日も東京は猛暑のようです。
体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。


ちゃお。
[PR]
by 01414510 | 2011-08-17 09:59 | 柴田さなえ
スーツケース
マイナス14度の韓国出張から帰国しました。
今年は何回ソウルに行ったかしら。柴田です。


今年の重大ニュースのひとつは、確実に

暑さ と 寒さ ですね。


夏は暑過ぎて、ワインを飲む気がおきなかったし、


ソウルの冬は寒過ぎて、蕁麻疹が出ました。


そこを上から垢擦りのおばちゃんにズリズリこすられ、
かゆいから超気持ちよかったけど、
まあ軽く、鮫肌が仕上がりました。


そこでハッと思い出したのが、


「鮫肌の女はもてない」


パパの遺言です。



さて、韓国以外の外国に行きたいおいしいしごとですが、
出張仕事の度に思うのが、スーツケースの機能性。

いろいろ細かい要望はありますが、
今いちばん欲しいのは、コレです。

a0112777_1330582.jpg


乗れるスーツケース。


わおっ。


みなさま。よいお年をお迎えください。


ちゃお。
[PR]
by 01414510 | 2010-12-28 13:33 | 柴田さなえ
よなよな3
気持ちよい秋晴れが続きますね。
テラスから、そんな空を見上げる日々が続いています。
外に出たい柴田です。
(だから、韓ちゃんみたいにブログに出せるネタ0)


韓ちゃんがチェジュの風に吹かれている間に
(遊びに行っていたわけではない)
私は、ごはんとか、お酒とか、おつまみとか
(の写真が載っているゲラ)と向き合っていました。



3冊とも12月上旬〜中旬発売予定。
乞ご期待!



そして、これが終わればソウル出張。
韓ちゃんと再会です。



マイナス2℃のソウルで。


ちゃお。
[PR]
by 01414510 | 2010-11-13 03:27 | 柴田さなえ
降りてゆく生き方
おいしいしごとの新刊案内
a0112777_23534596.jpg


塩田貞治著「IT'S SEOUL」(TOKIMEKIパブリッシング) 2月26日発売


韓国在住の俳優・塩田貞治さんが案内する、新しいソウルガイドブック。
おいしいしごとで企画・編集・ライティングを担当させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんばんは、柴田です。


今、私が編集させていただいている書籍の著者・河名秀郎さん
モデルのひとりとなっている映画「降りてゆく生き方」


昨年4月公開から1年、口コミで広がり、
自主上映のみですでに2万5000人を動員しています。
主演は武田鉄矢さん。
昨日はその公開1周年イベントでした。


主演の武田鉄矢さんのトークからはじまり、
河名さんはもちろん、奇跡のりんごの木村秋則さんや
自身の病気と闘いながら新潟を福祉都市にしようと
街づくりに励む清水義晴さんなど、モデルになった方々もゲストで参加。
その後、上映が行われました。


武田鉄矢さんのトークで非常に印象的な言葉がありました。


「山に登った」という行為は、おりてはじめて完成する(意訳)。


ユングの言葉だそうです。


そして武田鉄矢さんは付け加えました。


登ったままでは、遭難してしまう ーーー。



高度成長期から今にいたるまで、
私たちは、上へ上へ、もっと強く、もっと豊かにとのぼり続けてきました。



それは必要なことでした。
でも今、その強さに価値を見出すのが難しくなっていることに
みんな気づきはじめているのではないでしょうか。



登ったその場所から、一度降りてみる時期なのかもしれません。
そのときはじめて、答えが見えてくるかもしれません。



広告収入もなく、DVD化の予定もない
人の輪で広がっていくこの映画、ぜひご覧になってみてください。



ガイアシンフォニーがお好きな方はなにか感じるはず(柴田私見)
[PR]
by 01414510 | 2010-04-20 01:04 | 柴田さなえ
初投稿
柴田です。
雨、冷たいですね。


また携帯が壊れて代替機なのですが、
この携帯からはブログがアップできるようで!
(預けている携帯はどんだけ古いんでしょうか)


今日はこれから打ち合わせを兼ねて、
新宿御苑前の名店へ。
ピンとこられた方は生肉好きですね?


携帯からの投稿って、テンションもエントリー内容も軽めになりますね。


気のせいかな。
では。
[PR]
by 01414510 | 2010-03-24 17:38 | 柴田さなえ
リンク返し

こんにちは、柴田です。すっかり寒くなって、ひきこもりがちです。

先日、ブログでも告知させていただきました
エイ出版さん「Real Design」が発売になりました。
日本ワインの特集のライティングを担当させていただいたのですが・・・


その時のことを、取材させていただいたアサンブラージュさんが、
ご丁寧にブログで紹介してくださっています。

ちょっと冷や汗もののコメントのような気もしますが、
印象に残るライターであれたのなら、よしとしようかなと思います(笑) 


おいしいしごとのブログにもリンクを貼ってくださっています。
ありがとうございました!


記事の方もぜひご覧になってみてください。
[PR]
by 01414510 | 2009-11-18 19:22 | 柴田さなえ
勝沼出張 さよなら編

甲府盆地に位置する勝沼。
勝沼ぶどう郷の駅からの眺めは、本当に美しいんです。

マジックアワーという言葉がぴたり。
夕暮れとともに、空がだんだんと低くなっていき、
そのなかに街の灯りがぽつぽつと浮かび上がります。
そして、もう少ししたら、
宝石箱をひっくり返したような夜景が目の前に広がります。

a0112777_2563992.jpg


初めて来た時も感動しましたが、
今回はその思いはさらに深いものがありました。

昨年訪れたときは思いもしなかった、
ワインの仕事をいただけるようになったこと。

そして、会いたかった方のお話を聞けて、
とってもよくしていただいたこと。

現地を見ると、意識がまったく変わることを改めて実感できたこと。

数々の出会いに心から感謝しつつ、
それを韓と共有できて、また思い出がひとつ増えたこと。

もとい。
目指すA&Dチックな旅ができたこと。
としておきます。ちょっと感傷的で気持ち悪いので。

ともかく、勝沼は私にとって特別な場所になりそうです。
[PR]
by 01414510 | 2009-10-30 03:02 | 柴田さなえ


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧