S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

編集&ライティングユニット“おいしいしごと”です。ワイン、韓国、その他もろもろの情報をブログで書かせていただいてます。ちなみに、左のすずめが柴田、右が韓です。
by 01414510
       
<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
試験

おはようございます。

爽快全快の柴田です。


なんで、こんなに元気かというと、

試験が終わったから!


ブログでも度々ご報告していましたが、

柴田は昨日まで受験生でした。


なにを勉強していたかといいますと、


ワイン。


今年はこれ一色ですね。


試験のできの結論から言いますと、



a0112777_1159741.jpg


more・・・
[PR]
by 01414510 | 2009-08-25 12:01
ソウルの伝統的カフェ
こんにちは。韓です。

今日はソウルのカフェについてのお話。

ソウルの伝統的なカフェって聞くと、

イメージ的にはこんなところ↓を想像すると思います。
a0112777_2340682.jpg


で、出てくるのはこんなこじゃれたメニュー↓
a0112777_23404986.jpg



いや、私もてっきりそうだと思ってたんです。

しかし、もうひとつありました。

伝統的なカフェが。


それではご案内しましょう。


そのカフェはソウルで100年以上の歴史を誇る

「広蔵市場」内に点在してます。

広蔵市場といえば、

こんなかんじや
a0112777_23423010.jpg



こんなかんじ(スンデ太すぎ)
a0112777_2343578.jpg


こんなかんじも(積み過ぎ)
a0112777_23441581.jpg


いい味出してるナイスな市場。


このカオスのような、市場を

奥へ奥へと進むと
a0112777_23444125.jpg






ありました。カフェが
a0112777_23451895.jpg





次回に続く…
[PR]
by 01414510 | 2009-08-21 17:37
8月のソウル取材
こんばんわ。韓です。

8月初旬、ソウル取材に行ってきました。

今年は韓国へ行くの5回目です。

月イチ韓国の目標には届きませんがいいペースです。

取材したお店は9月14日発行の

週刊トラベルジャーナルに掲載されますんで、

ここでは取材した以外のお店&スポットをチラリ。ポロリ。

a0112777_20414816.jpg

梨泰院のメインストリートからちょっと路地に入ったあたり。

実は韓、梨泰院よく知りません(汗)。

しかもメインストリートが綺麗になっていて、

歩いていても面白い発見がありませんでした。

昔はパチもの売ってるお兄さんが、
「カンゼンナニセモノアルヨ」って、

カンペキな日本語で声をかけてくれたもんですが、

締め付けが厳しくなったのか、そういう方たちは、

全くと言っていいほど見かけなくなりました。

ソウル観光は、

スタイルだけはやたら良いがっちりした韓国人のお兄さんと、

ぼられないよう警戒しつつ、

コミュニケーションするのが楽しかったのに、

もうこれから先、そういうのは無くなっちゃうんだろうな、残念。

昔は手を引っ張られて、店の中にひきずりこまれそうになったりと、

それはそれは、楽しかったものです。

最近の若い子たちは、みんな髪型が東方神起だもんなぁ。

体型もひょろひょろだし。

韓国こそ草食系男子が増殖中している模様です。


では、また明日。
[PR]
by 01414510 | 2009-08-20 20:47
撮影風景

こんにちは。

先週は怒濤の試験直前対策講座。
一日8〜10時間、勉強をしていました柴田です。

と言ってみるものの、授業受けていただけなんですけどね。
すっかり勉強をした気になっています。

この一週間、家での勉強が勝負です。


「好きだから勉強する」

の初心に返り、落ちてもムダではなかった時間を過ごしたいと思います。




さて、今日のエントリーは、今年の連載の撮影風景。


今年4月から講談社さん『FRaU』で、


「何かつくるから、食べながら話そう」


という平野由希子さんの連載の


取材・ライティングを担当させてもらっています。


内容はタイトルそのものずばり。


平野さんのお宅に訪れる、さまざまなご友人、お客人を


料理やつまみとワインでもてなす、というもの。


シンプルなレシピと、おいしいけれど手頃なワイン、


それらを平野さんのエッセイが彩ります。



そして、この撮影、毎回ものすごい量のワインが開きます。



どのくらいかと言えば、






a0112777_12351750.jpg


このくらい。


月1の連載で、二ヶ月分まとめて撮影するのですが、


それにしても開き過ぎな気も。


いえ、お料理とワインの相性を見るのも仕事です。


スタッフは、5人。


だれもベロベロになることなく、これが空くわけです。


すばらしい。


先日の撮影は、10月、11月発売号の撮影。


11月はもちろん、あの新酒の楽しみ方がテーマです。


かなり斬新かつ新鮮なアイディアで、


今年はあなたも絶対に飲みたくなるはず。


ヒントは

a0112777_12403651.jpg


鶏肉。


撮影後にみんなでいただきましたが、興奮の美味しさ。


これが!


料理とワインをこんなに引き立て合うなんて!


しかも、難しい料理じゃない!


あの、ほら、よく冬に登場するやつ!


ワインも手頃!


理想の家ワインです。


※本職とは思えない稚拙表現をお許しください。


少し先ですが、10月12日発売号の『FRaU』をぜひご覧ください!
[PR]
by 01414510 | 2009-08-18 12:50
アマゾンで411位!
a0112777_951679.jpg
a0112777_9513955.jpg


おはようございます、韓です。

「私のとっておきソウル」がアマゾンで411位、旅行ガイド部門で2位を記録しました!

嬉しくて昨晩は男闘呼泣きしましたです。

そして今は柴田と喜び分かち合い中です。

嬉しいセヨ。
[PR]
by 01414510 | 2009-08-12 09:53 | 仕事
姜尚中先生にメロメロ、の巻
こんばんワイン、韓です。

日曜日にソウルから帰ってきました。

柴田が書いた通り、漢江遊覧船に乗ってきました。

取材とはいえ、今田はナウロマンティック〜♪な体験でした。

ソウルのルポはまた後日アップします。

本日のテーマは、タイトルにもあるように姜尚中先生のお話です。

今日、三省堂有楽町店で姜尚中先生のサイン会に伯母と行ってきました!


(伯母に無断で掲載してるので、ばれたら怒られます)

アエラムック「姜流」の出版を記念してのこの会。

以前から先生のファンだった私は、数週間前から予約をし、

この日を心待ちにしていたのです。

会場にはたくさんのファンが列をなし、待つこと約40分。

インテリメガネフェチの私にとって、

姜尚中先生はまさに神なる存在。

そんな神のお姿を目の前にした瞬間は、

後光がまぶしすぎて、記憶があまりないのですが、

しっかりと気を込めて握手をしてもらったら、

あまりの素敵さに一瞬でハートを奪われてしまいました。

一部ファンの間では姜様と呼ばれているそうですが、

その気持ちわからなくもないです。


帰りの電車では、

同じくインテリメガネ好きな伯母ときゃいきゃい言いながら、

姜様の余韻を楽しんだしだいでございます。

本日は原稿がたんまりあって、

これから泣きながら書かなければいけないのですが、

もちろんそれは姜流を読んでから。。。


姜流(DVD付) (AERA Mook) ¥ 1,470
[PR]
by 01414510 | 2009-08-11 23:15 | 韓麻木
掲載店
こんにちは、柴田です。

昨晩、韓が韓国から帰国。

今回も漢江遊覧船で美しいソウルの夕景を堪能してきたそうです。

観光丸出しですが。


そんな韓不在の週末、柴田は一日なにをしていたかというと、

土日とも一日10時間ほど勉強してみました。

脳ミソがショート寸前ですね。

なんの勉強だったかは、あと少ししたらご報告させていただきますね。


さて、今日は、

またもや『東京ぐび飲みワインーワインはもっと気軽に呑める』

のお話。

掲載店さんのうち何店舗さんかがブログでご紹介してくださっているので、

そのご紹介です。


ワイン居酒屋 あじる亭さん
高級な料亭が並ぶ赤坂にあって、超リーズナブルな一軒。
大勢でも、少人数でも使い勝手のよいお店ですよ。


カーブドリラックスさん
こちらの書籍以外でも、講談社さん『FRaU』の平野由希子さんとの連載や
10月刊行の編集中の書籍など、さんざんお世話になっています。
ワインのラインナップは確実。それをグラスでちょこっとずつ
呑めちゃう大変助かるお店です。


Bistro-SHINさん
目黒で大流行りの立ち飲みの名店! 
2号店目は泡専門のお店です。貴重ですね。


四谷 ふくさん
おいしいです。素敵なお店です。
和食×ワインの時はぜひぜひどうぞ。
取材以来うかがっていないので、私もおうかがいしなくては。

エスカールアビタさん
大手町、丸の内はワインが飲めても、
ぐび呑みワインがわりと難しいエリア。
そのなかで、がんばってくださっております。

カフェデュボワ
ごぶさたしてしまっておりますが、
私のだーーーーーい好きなお店。
おいしくてボリューミー。そしてもちろんリーズナブル!

野菜バルMarcheさん、神楽坂Mdoyさん
野菜バルさんは、国産ワインのオフ会なんかでも
よく会場になっている、ワイン好きも注目の名店。
Madoyさんの鉄板焼きもいいですね。

MAIDOさん
ほかのページに掲載されている店舗のオーナーさん、
私の師匠からもおすすめのお言葉。
最後の方のページですみません(汗

プロヴァンサルさん
少し前まで新宿もワイン迷子になりがちでしたが、
こちらを知ってからもう大丈夫。
ちょろっとでも、ぐびぐびでも、どちらでも!

のんとろっぽさん
京王線沿線でかなり貴重な1軒。
私も常連さんになりたい!
有名女将もご推薦です。


掲載店のみなさま、この場をお借りしてお礼申し上げます。
ブログへのアップも本当に感謝しています。


ほんと、どこもつい友だちに教えたくなってしまう
素敵なお店ばかりなので、みなさんも足を運んでみてください!

もしほかにも見つけられた方はご一報を。
[PR]
by 01414510 | 2009-08-10 16:40
続報

こんにちは、なんだかはっきりしないお天気の土曜日。
柴田です。


韓は今、韓国に出張中。
またソウル取材を堪能していることでしょう。


さて、『東京ぐび呑みワイン』の
各地での状況をお知らせするこのコーナー。


誰が決めたの?


★掲載店の「わいん厨房 たるたる」にて

a0112777_1114562.jpg



初訪のお客さんに向かって、

「酒を飲むの(いっぱい)?  そうでなければ、うちはお断り」
(もちろん、この「酒」は「ワイン」を指します)

と洗礼を浴びさせる変わっているお店です。


が、紹介して喜ばない酒飲みはいません。
なんせ銀座で一番安く、おいしいワインが飲めるお店、
のうちの一軒ですからね。


もちろん私も一押しですよ!


ちなみに、以前ワインの勉強をしたくて、
しばらく働かせてもらったことがあるんです、柴田が。
なので、元スタッフからの信憑性のある情報です(笑)。



そんな『たるたる』のオーナー伊藤さんが
掲載ページをポスター版に拡大して店内に貼ってくれたそう。
ちょっと奇妙な光景ですが(笑)、うれしいですね。


本の宣伝ポスターも貼ってください(笑)、伊藤さん。


『東京ぐび呑みワイン』
『東京おかえりデリ』
『私のとっておきソウル』

目撃情報もお待ちしております!
[PR]
by 01414510 | 2009-08-08 11:21
【多謝】 絶賛★発売中!

すっかりご無沙汰してしまいました、柴田です。


なにをしていたかといえば、

韓の先日のエントリーの通り、本を作っていました。


今日は版元の東京地図出版さんへおうかがいし、

販売状況を聞いてきました。


売れ行きは3冊とも、なかなか好調とのこと!

うれしーーーーーーー限りです。


さて、さて。

各書店さんでは、どんな状況かと言いますと……



まず



★渋谷 東急プラザ 紀伊国屋さん

a0112777_1571654.jpg

「東京ぐび呑みワイン」「東京おかえりデリ」 ともに、平積み!


a0112777_1572650.jpg

そして、もういっちょ! 

「韓国ツウのあの人が教える私のとっておきソウル」も平積み! 


★三軒茶屋 TSUTAYAさん

a0112777_1581452.jpg

ぐび呑みワイン、おかえりデリ   
ともに、面チン(棚置きで、表紙が見えることを言うみたいです)!


★新宿  紀伊国屋 本店さん

a0112777_1584038.jpg

な、な、なんと! ZAGAT、吉田類先生と並べていただいています!

a0112777_1585021.jpg

しかも、書店員さんの手描きPOPつき! 
感動! ありがとうございます!


★丸ノ内 丸善さん

a0112777_285767.jpg

でっかいポスターつきで、フェア組んでもらってます!

このポスターは、今回ぐび呑みワイン、おかえりデリの

アートディレクションを担当してくれた、

mikan design(http://www.mikan-design.jp/)の


みかんくんが特別に作ってくれましたーーー!



そして、なんと、なんと、なんと


★Amazonさん

a0112777_2125786.gif

ぐび呑みワイン。レストランガイドのランキングで、第4位!

しかも、一瞬だけ!

今晩見たら、ランキングが思いっきり下がってる!


なんで!


a0112777_21447100.jpg

しかし、ソウル本は、ここ数週間、安定したランキングで、

旅行ガイド、韓国部門で常に上位4位までをキーーーーーーーープ!

でも、画像は1位の時のをアップしますよ、もちろん!


ということで、まだまだ絶賛発売中ですので、

まだお手に取られていない方は、

書店でチラ見→→→購入(良い本だと思ったら)。

という流れになってくれたら、うれしいなあ。



自分たちが、こんなふうに書籍を作らせていただけて、


しかも、その本を、今まで利用客として眺めていた


書店の一角に置いていただいている。


まるで夢のような現実です。


この仕事に就いて10年以上が経ちましたが、


書いた記事の横に自分の名前が載ることや


こんなふうに本が出ることは、


いつまでたっても、やっぱり嬉しいことです。



今回、取材にご協力くださった店舗の方々、


スタッフのみなさん、


陰で支えてくれたみんなに、



心より深く深くお礼申し上げます。



本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by 01414510 | 2009-08-06 02:25
韓国舞踊で4キロ減
a0112777_21493564.jpg

(写真は本人です。嘘、イメージです)

こんばんワイン、韓です。

突然ですが、私、やせました。

しかも4キロも。

いや、今まで太りすぎてたんです。

昨年末、心のスキマを埋めるようにお菓子を食べていたら、

あれよあれよという間に太り、自分史上最高値を記録。

「ああ、やせた〜い」と言いつつも、

特に食事制限はせず、夜な夜な柴田とワインを呑んでいました。

なのに痩せたんです。

ホワイ?

それは、今年から始めた韓国舞踊のおかげです。

韓国舞踊ってナニ? って感じですよね。

ここで説明すると長くなるので、興味のある方はググってセヨ。
(↑それでもライターセヨ?)

NHKで放映されてた「黄真伊(ファンジニ)」が踊っていた、

あの踊りですよ。韓国の伝統芸能です。


韓は、ひょんなご縁から、韓国舞踊の趙寿玉先生と出会い、

教えていただくことになって早半年がたちました。


足は三拍子なのに、手は二拍子

丹田に力を入れて動き続ける

骨を開いて、体いっぱいに空気を入れて膨らむ


など、最初は超難解な韓国舞踊の世界に、

心が折れそうになりましたが、てか一瞬折れましたが、

寿玉先生や、先輩オンニたちから熱いご指導をしていただき、

最近やっと踊りが楽しくなりました。



そんでふと気づいたら、なんかほっそりしてるじゃないの!

それもそのはず。

寿玉先生の情熱的指導は、1レッスン約3時間。

すげーつらいの。次の日とかバキバキの筋肉痛なの。

踊ってる最中とか、回りすぎて吐き気とかすんの。

でも、頑張って通いました。楽しいから。

さらにこの夏、今までのサボリ(5&6月は例の本の制作のため
練習に通えず)を取り返すべく、

週2ペースで通っていたら、あれよあれよという間に体が変わったのです。



過去、ジム通ったり、加圧やったり、断食道場いったり、

グローバルダイエットやったり、豆乳クッキー食べたり、いろいろやりましたが、

食事制限せず、つらい運動でもなく、

楽しく踊ってたらやせてちゃった☆ なんて経験初めてなもんで、

ついこちらに書かせていただいた次第でございます。

もし韓国舞踊に興味のある方は、

趙寿玉先生のHPを見てみてください。
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/kisun/

ただし、ダイエット目的で入門しちゃったら、後悔するセヨ。
[PR]
by 01414510 | 2009-08-04 21:50


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧