S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

編集&ライティングユニット“おいしいしごと”です。ワイン、韓国、その他もろもろの情報をブログで書かせていただいてます。ちなみに、左のすずめが柴田、右が韓です。
by 01414510
       
<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2011初ソウル 備忘録
新年のご挨拶もせず、もう2月。
大変失礼いたしました。
みなさま、本年も何卒ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

最近のこのブログ、
ソウルから帰国した後のみのアップが恒例になっております。
今回もまたソウルから昨日帰国した柴田が担当です。


12月出張の際の酷寒に、恐怖におののいておりましたが、
今はもう、ソウルの春はすぐそこ(といっても1〜2℃はざら)。
そんななかの取材9日間でした。


さて、今回のソウルで忘れられないできごとを4つ。

◎深夜の一般道を時速120kmで飛ばすタクシー運転手さん

◎ビルの2階の店の撤去作業。1、3階は営業中にも関わらず、
 窓ガラスまでバリバリ叩き割る作業員たち

◎携帯電話にイヤフォンマイクをつけ、
 メガフォン級のどでかい声で話すアジョシ


そして、なによりの衝撃は、私たちの聖地・東大門で起きました。


最終日前の深夜。いつも通り、聖地巡礼に繰り出しました。
今回は珍しく、市場ではなくDoota!でショッピング。
地下1Fがかなりリニューアルされ、
韓国の新進気鋭のデザイナーのショップが増えていて、楽しかったんです。
それでまあ、得意のちょこ買いより、
ちょっとお値段のはる買い物をしたんです。
バッグ18万8000W(とはいえ、日本円約1万5000円弱)。
とってもかわいくてご機嫌な私。


が、悲劇はすぐ後に起こりました。


寒さが厳しい韓国では、まだ冬物セール中。
いつもの市場ではお目当ての春物があまりなかったので、
新規開拓に行きますか、という話にあいなり、
かんちゃんと普段はあまり足を踏み入れない、デザイナーズクラブへ。


地下1、2階をプラプラしながら、順調にちょこ買いを進めるかんちゃん。
地下2階のバッグやアクセサリー売り場では、
ロエベのポシェットをガマンしたかいあり、代理品の収穫に成功。


「いいもの買えてよかったねー」と
店を後にしようとした私の視界の端に入ってきたのは、
そう、Doota!で買った、あのバッグ。まったく同じバッグです。


いやーな予感がしましたよ。


こういう時、人はなぜか誤った判断をします。


値段を聞いてしまったのです。つたない韓国語で。

「オッパ、イゴ オルマエヨ?(お兄さん、これ、いくらですか)」


聞けても、たいてい答えが聞き取れないのですが、
最近、渡韓頻度が上がってきて、おかげさまで理解できたんです。


「ユッマン クチョノン」


6万9000W。



約5300円。

ちーん。



その後、しばらく立ち直れなかったことは言うまでもありません。


Doota!からデザイナーズクラブまでは約200mの距離。
ごく近場で、こういうことをしないで欲しい。


東大門での新しい教訓。


東大門では10万W以上の買い物はするべからず。



ちゃお。
[PR]
by 01414510 | 2011-02-18 00:20


以前の記事
カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧